はじめて子犬を購入するとき、一番悩むのは「しつけ」についてではないでしょうか。 もちろん、「ちゃんとえさを食べてくれるだろうか」「病気にならないだろうか」という悩みもありますが、初めて犬を飼う方(素人)は「ちゃんとしつけができるだろうか」というのが一番の心配事だと思います。 ここでは、愛犬と楽しく暮らす為に一番大切な「しつけ」のポイントについて、これまでの経験をもとに説明しています。 あなたの参考になれば幸いです。

室内犬として必要な最低限のしつけ

愛犬と楽しく暮らすためには、次に挙げる5つのしつけが最低限必要になります。
トイレを失敗しない
他の人や犬とも仲良くできる
インターフォンの音に吠えない、騒がない
家の中のものをむやみにかじらない
ハウスが上手にできる

これらのことが出来れば、あなたのしつけは大成功です。 あなたが望んでいた、愛犬との楽しい生活を手にいれることができるはずです。

どのように躾ける?(しつけの方法)

しつけの方法として次の2つの方法があります。

①専門家(ドッグトレーナー)に頼む
②自分でしつける

一番間違いのない方法は、①の「専門家(ドッグトレーナー)に頼む」ですが、一般的な飼い方の場合は②の「自分でしつける」方が将来的には良い結果を生むと思います。 (我が家はドッグトレーナーの知り合いもいますが、自分でしつけています)

ドッグトレーナーにお願いする時のポイント

しつけてもらいたい内容をしっかりと伝える 
「あなたが何を望んでいるか」を預ける前にトレーナーとしっかりと打ち合わせをしておきましょう。例えば、トイレと無駄吠え、他の人や他の犬に対するコミュニケーション能力などです。 最低限、上記で説明した「楽しく暮らすためのしつけ」はつけてもらいたいものです。
預けっぱなしにしない 
預ける子犬はあくまでもあなたの犬です。極端な言い方をすればあなたの子供です。最低でも1週間に一度はしつけの進捗状況の確認を含めて会いにいくようにしましょう。 会いに行ったときはちゃんと遊んであげてください。 それでも、子犬を預ける訳ですから、あなたよりもトレーナーになついてしまうことは仕方のないことです。(私がしつけをトレーナーに頼まない最大の理由です)

自分でしつける時のポイント

子供に教えるつもりで何度も繰り返し教える
しつけで一番大切なことは根気強く、繰り返し繰り返し教えることです。あなたが子育てをした経験があればわかると思いますが、人間の子供でも一度教えたくらいでは覚えません(笑) 根気強く、愛情をもって教える姿勢が大切です。
恐怖や痛みでしつけるのは絶対にしない
一昔前のしつけや、ドッグトレーナ(もどき)が使っていたテクニックです。この方法を使ってしつけられた犬は人間に対して攻撃的(噛みついたり)になる場合があります。また、必要以上に怯える犬に成長することがあるので、絶対にNGです。
教え方は統一する
一人暮らしの場合、しつけるのはあなたしかいませんが、家族で暮らしている場合、教え方は統一しておく必要があります。 例えば、教えるときの言葉や身振りなどです。
しつけのマニュアルを忠実に実行する
我流でもしつけはできます。但し、時間と労力が必要になることは覚悟すべきです。 しつけには内容によっていくつかのポイントがあります。 出来る限り、マニュアル的なものを利用した方がうまく行きます。更にはあなた自身もしつけの方法を身につけることができます。
マニュアルはDVDタイプ(言葉と映像)を使う
マニュアルには本タイプ(文字と絵)とDVDタイプ(言葉と映像)があります。 DVDは言葉の強弱、身振りなど音声と映像があるのでマネしやすい分、しつけもうまく行きます。 世の中には多くのしつけマニュアル(DVD)が存在します。 はじめはどれを選んだら良いかも分からないと思いますので、私のおススメのDVDを記しておきますので参考にしてください

また、しつけを上手につけるためには「しつけの本質」を理解することがとても重要です。

DVD以外のマニュアルとしては「本質のしつけ」もおススメです。

 

おススメのしつけマニュアル


おススメのミニチュアダックスのしつけサイト
↓  ↓  ↓  ↓
ミニチュアダックスと楽しく暮らす為の【しつけ】とポイント

 

おすすめの記事