ミニチュアダックスってどんな犬?

短い足でチョコチョコと歩き回る、とても愛くるしいミニチュアダックスフンドですが、はたしてどんな犬なのでしょう??
一緒に仲良く暮らす為には、ミニチュアダックスがどんな犬なのかを知っておくことはとても大切です。

  実はれっきとした狩猟犬

ミニチュアダックスフンドの歴史をみると、紀元前16世紀頃に狩猟犬として活躍していたという記述があります。
【ダックス】とはドイツ語で「穴熊」という意味、そして【フンド】は犬という意味ですから、【ダックスフンド】=「穴熊犬」ということになります。
この名が示す通り、ダックスフンドは穴熊やキツネなどの狩猟犬として活躍していました。他にも、小動物の巣穴に潜り込んで獲物を追い出したり、銃で傷ついた獲物を追跡などにその能力を発揮していました。

ミニチュアダックスを飼っている方は経験があると思いますが、室内で飼育していても、ソファーやマットなどを掘るような行動をよくします。
これは、穴熊や小動物の巣穴を掘る行動と一緒で、狩猟犬としての血が流れている証拠なのです。

我が家のYume&Meiは布団にもぐるのが大好き^^
もちろん寝るときも、ママのベッドに潜り込んで寝ていますよ^^

  好奇心旺盛ないたずらっ子

ミニチュアダックスはとても好奇心旺盛なワンちゃんです。とにかく何にでも興味を示します。飼い主の後ろをついて回っては、何か面白いものがないか探すくらい好奇心旺盛です。
これも、狩猟犬の血からくるものでしょう。
狩猟犬は他の犬種に比べて好奇心が旺盛です。逆に、好奇心が弱い犬は狩猟犬には適さないと言われています。

もちろん、【好奇心旺盛=いたずらっ子】は仕方のない事、ゴミ箱を倒してみたり、置物を倒してみたりと、そのいたずらっ子ぶりを存分に発揮します(汗)
でも、安心してください。
ミニチュアダックスは賢い犬でもありますから、小さいときからしっかりとしつけることで、やって良いこと悪いことはちゃんと判断できるようになります。

  寂しがりやの甘えん坊

狩猟犬だった歴史を持つミニチュアダックスは、飼い主やその家族へ対して忠誠心が強く、とても従順です。
その分、とても寂しがりやで甘えん坊です。
長い時間(一日中留守にする時など)ゲージに入れたままの時は、帰ったらたっぷりと愛情を注いであげてください。
ゲージをあけた瞬間、飼い主や家族にモーレツなだっこアピールです^^

ほとんどの場合、外出時以外は家の中で放し飼いをされると思いますが、常に誰かの身体に触れているか、もしくはだっこされているか(笑)、本当に甘えん坊です。

Yume_Mei_hizaue_1
明るく元気でいたずらっ子、そのうえ甘えん坊なミニチュアダックスですから、飼い主や家族がメロメロになるのも理解できますね^^

 ミニチュアダックスの種類は?